軽貨物ドライバー用!一人親方労災

軽貨物労災センター

当組合は、軽貨物ドライバーさんが安心して働ける環境作りをサポートしています。

 

軽貨物運送業の「一人親方労災」に加入できる人を説明します!

 

●個人事業主として働いている

●軽貨物運送業のお仕事をしている

●貨物軽自動車経営届出書を提出している

●労働者を雇っていない

 

これら全てに該当する方のみが、一人親方労災に加入することができます。

 

さらに、お住まいのご住所が、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県に該当することも、当組合から一人親方労災に加入する条件になっております。

●個人事業主として働いている

雇用契約ではなく、業務委託契約で働いている、いわゆる個人事業主であることが必要です。

●軽貨物運送業のお仕事をしている

現在のお仕事が軽貨物運送業であること。一人親方労災に加入後、労災が適用されるのは、軽貨物運送業でのお仕事のみになりますので、軽貨物運送業以外のお仕事をしてけがをした場合には、労災が適用されない場合があります。

●貨物軽自動車経営届出書を提出している

陸運局に貨物軽自動車経営届出書を提出している必要もあります。貨物軽自動車経営届出書を提出しているということは、ご自身名義の営業ナンバーの軽自動車を持っているということになります。

 

リースや所属会社の軽自動車を借りて、お仕事をしている人は、貨物軽自動車経営届出書を提出していなければ、一人親方労災に加入することはできません。

 

●従業員を雇っていない

一人親方労災という名前の通り、一人で働いている個人事業主が入れる労災になっています。労働者を雇っている場合には、当組合からは労災に加入することはできません。

労働者を使用する場合であっても、労働者を使用する日の合計が1年間に100日に 満たないときには、一人親方等として特別加入することができます。

 

以上の条件を全て満たした人が、軽貨物運送業の一人親方労災に加入することができます。

 

当組合の管轄が関東地方なので、当組合から一人親方労災に加入する場合は、住所が下記のに該当しているこも必要です。

 

東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、群馬県、茨城県、静岡県、栃木県