軽貨物で

手軽な貨物保険に

加入する方法

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています


黒・緑ナンバーもネットでOK!事業用自動車保険

配達中に荷物を壊わしてしまい、弁償しなければならなくなった・・・

 

そんなリスクに備えるため、貨物保険に加入しておきたいですよね。

 

でも、個人事業主の貨物保険、ちょうど良いのが見つからない。

補償が大きすぎて保険料が高い。

1年間で保険料が何十万円も負担はできない。

 

・配達しているのは、通販や生ものが多い

・保険料が安いのが良い

 

そのような軽貨物運送業の方にこちら

 

軽貨物自動車向けの貨物保険なら、ピックゴーの貨物保険制度もあります。

保険料は月1,700円とお得になっています。

ピークゴー以外の配達業務でも対象です。

デメリットは、ピックゴーに登録していない方は、新規登録をしなければいけないところです。

 

 

もっと安い保証

もっと安く個人事業主が貨物保険に備える方法として、

加入している自動車の任意保険に、特約で追加する方法もあります。

 

任意保険の特約は、貨物保険ほど充実していませんが、その分値段が安くすみます。

 

受託貨物責任賠償特約

自動車事故などによって、運送業者などが荷主に対して損害賠償責任を負った場合、その賠償金を補償する。

 

特約は保険会社によって名称が違ったり保証内容が異なります。

 

交通事故での破損のみ補償

紛失にも対応

配送中なら補償対象

 

どのようなリスクに備えるかは、ご自身の配達業務によって変わってきます。

詳しい補償内容は、保険会社の代理店が説明してくれるでしょう。

 

 

自動車保険に追加できるか?

 

まずは特約を追加できるか、代理店に問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

 

特に代理店と付き合いがなければ、

これを気に自動車保険の見直しをするのも良いかもしれません。

 

ずーっと同じ保険会社なら

保険会社を変えることで、月々の保険料が安くなることも。

 

 

かんたん見積もり

 

ここなら、大手保険会社、最大9社の見積もりを取ることができます。

保険スクエアbang!自動車保険(法人)

 

数社の相見積もりをすることで、ご自身にあった補償内容を選ぶことができます。

 

荷物の破損時のリスクは、自動車保険の特約で備えるのが、個人事業主の賢い選択です。